ダンスでダイエット!

いろんなダイエットがあります。当サイトでは、ダンス利用したダイエットにスポットを当てダイエットを紹介したいと思います。

健康的にダイエット!日本人の健康とダイエット指向は年代を問いません。若者の自分磨きのダイエットから、長生きするために適正体重を保つためのダイエット。
食事制限プラス燃焼を促進するダンス系ダイエットで、体の筋肉やバランス感覚を鍛えるダンス系ダイエットがあります。
痩せながら、ボディラインも整っていくので、ダイエット終了後の満足度はかなりなものです。
ダンス系ダイエットで知られているのがカーヴィーダンスやビリー、最近ではTRFのダンスダイエットもなかなか評判になりました。
ダンス系ダイエットは、楽しんで続けることに意味があります。1曲ではなく何曲もあわせられる振り付けであること。これがダンス系ダイエットの良いところです。
ダンスをしながらダイエットもできる。運動すれば溜まった脂肪を燃焼させて、ダイエットすることができるというのは誰でも想像できると思います。
それならば、運動にダンスをする必要もないのではないかと思った人もいるのではないでしょうか。
そこで、少しダイエットにはダンスが効果的である理由について、ダイエットと運動の関係をご紹介しましょう。



有酸素運動で脂肪を燃焼する

運動をすると脂肪を燃焼することができるというのはよく聞く話です。この仕組を簡単に車のエンジンを例にしてお答えすると、脂肪=ガソリン、運動=空気、として、エネルギーを生み出すためには、ガソリンと空気を混ぜて燃焼しやすくする必要があるわけです。

人に身体でも、エネルギーを生み出すためにこうした運動が行われ、これを私達は代謝とよんでいます。

そのため代謝が高い人ほど、燃焼するエネルギー量が高いということで、車でいうとガソリン代が高くつく車ということです。

逆に、燃焼の低い、代謝が低い人というのはハイブリット車を想像してもらうといいでしょう。

車の違いみたいになりましたが、人間の身体も個人でこうした体質が違っているため、脂肪を貯めやすい体質の人から、脂肪が溜まりにくい人がいます。

そして、人間の代謝の場合は、身体をまんべんなく全ての筋肉を動かくことで、余分な脂肪を燃焼する効果が高くなります。

そのため、身体の筋肉を全て動かすのに効果的なのがダンスです。ダンスは身体を使って表現するため、全身の筋肉をまんべんなく使うことができます。

また、有酸素運動では、ダイエットをすることで脂肪と同時に筋肉からも肉が落ちてしまうため、これを防ぐためには、運動をすることで、脂肪を筋肉へと替えてやる必要もあります。



どんなダンスでダイエットをしたらいいか

ダイエットには有酸素運動が良いですが、ダンスをするならより効果的に脂肪を燃焼させることができるダンスをしたいと思うはずです。
ダンスには様々な種類があり、そのダンスの種類によっては身体の一部を特に激しく運動させるものがあり、種類によって身体の脂肪をピンポイントに燃焼させることもできます。

例をあげるなら、腰を大きく動かくベリーダンスは、お腹とおしりのお肉を燃焼させるのに最適なダンスだと考えられます。



おすすめLinks


コンテンツ
Copyright (C) ダンス系ダイエットNavi